りんごが好きなのでぃす

Apple製品に関する噂以外の情報をお届けする初心者&中級者向けブログ

【Macの豆】第81回:ちょっと意外なファイルの開き方

----- スポンサーリンク -----

f:id:kjx130:20161011143833p:plain

普段はファイルアイコンをダブルクリックしたり、ファイルをDockのアプリケーションアイコンにドロップしたり、あるいはアプリケーションメニューからファイルを選択するなどしてファイルを開いていると思います。

だがしかし、ここで紹介する開き方を知っている人はかなり少ないのでは?

情報ウインドウから開く

どんなファイルでもフォルダでも良いので適当に選び、ファイルメニューから "情報を見る" を選択、または command+iで情報ウインドウを開きます。

f:id:kjx130:20190729112123j:plain

例えばJPG画像を選択して……

情報ウインドウが開いたら、プレビューの欄に表示されているアイコンをダブルクリックします。

f:id:kjx130:20190729112345j:plain

この例ではJPG画像のプレビューが表示されています

HDDの情報ウインドウならHDDのアイコン、テキストファイルならテキストのプレビュー、mp4ファイルなら動画のプレビューなどなど。

ダブルクリックへの反応があまり芳しくないので使い勝手は決して良くありませんが、情報ウインドウを使っている際にファイルを開く必要が生じたときくらいは使えるかもしれません。

*2011年12月21日作成のエントリーを再編集しました