りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に25年目

El Capitan:システム標準でファイルパスをコピーできるように

f:id:kjx130:20151003162908j:plain

OS X 10.11 El Capitanから、システム標準の機能でファイルのパス名をコピーで取得できるようになりました。

一般ではあまり使う機会はないかもしれませんが、ブログエントリーでファイルのパス(ディレクトリ)を記載したい時など、役に立ってくれる場面は結構ありそう。

コピー時にoptionキーを(も)押すだけ

まずは、OS X 10.10 Yosemiteの場合。

Finderの編集メニューには "コピー (command+C)" が表示されています。

f:id:kjx130:20151003163355j:plain

optionキーを押しながら同じことをしても "コピー (command+C)" のまま。

f:id:kjx130:20151003163533j:plain

一方、OS X 10.11 El Capitanで普通に編集メニューをクリックした時は以前と同じ表示ですが……

f:id:kjx130:20151003163642j:plain

optionキーを押下すると "コピー (command+C)" と表記されていた項目が……

f:id:kjx130:20151003163845j:plain

このように "XXXのパス名をコピー (option+command+C)" に変わります。

例えば以下の場所あるファイルに対してパス名のコピーを行うと……

f:id:kjx130:20151003164422j:plain

以下のような記述がペーストされます(実際は改行されません)

/Volumes/Ext HDD D/iTunes/Album Artwork/Download/D7C06D0C95083D4A/01/08/10/D7C06D0C95083D4A-A3C3614BFB023A81.itc

ホームフォルダ内の"書類"フォルダならホームフォルダ名は伏せています)

/Users/ (username) /Documents/アーカイブ/待受画像原画.zip

といった具合です。

システム標準のフォルダは英語表記になりますが、各自が作成したフォルダやファイル名は日本語のままで記述されます。