りんごが好きなのでぃす

Macを中心に、たま〜にiPhoneやiPadなどの話題も届けていたら今年で25年目を迎えてました

Ventura:Time Machineが機能しない!多分当方固有のトラブルだけど一応事例紹介

Time Machineの挙動(不具合)についての報告エントリです。

ただし、以下の条件下のため当方の環境固有のトラブルである可能性も十分に考えられますので、あくまでも「そういう事もあるのかも知れない」程度でご理解ください。

環境条件

  • Apple Beta Software Programに参加しているため、利用環境はmacOS Ventura Public Beta(本エントリ作成時点ではmacOS Ventura 13.1 Beta 3)
  • 同環境上で遭遇した不具合ではあるものの、Time MachineはmacOS 12 Montereyの時からの通し運用
  • macOS Montereyの頃には同不具合には遭遇していない気がするが『間違いなくMontereyの時には発生しておらず、Venturaにしてから発生した』と明確に断言できる確証がない

不具合の内容

不具合の主な症状は以下の二点:

  • Time Machineに使っているHDD(USB-C接続の2.5" HDD)がアンマウント出来なくなる時がある
  • Time Machineを開いて過去に遡ることまではできるが、その時点で記録されているはずのファイルが表示されない(読み込み中の表示のまま)

百歩譲ってアンマウント出来ないのはまだ許容できるとしても、Time Machineに記録されている過去のファイルを表示されないということは復元ができない事を意味するので、Time Machineとしては全く何の役にも立たない状態です。

 

試したこと

やれることは限られていますが以下の手順を試行:

ディスクユーティリティ(macOS上)を実行

Macが通常起動している状態でディスクユーティリティ.appを開き、Time Machine用のHDDに対してFirst Aidを実行。

しかし "ディスクをアンマウント出来ない" というエラーが出て何も出来ず。

ディスクユーティリティ(リカバリーモード上)を実行

リカバリーモード(起動直後にcommand+Rを押下)で起動したらディスクユーティリティ.appを開き、Time Machine用のHDDに対してFirst Aidを実行。

問題箇所を修復をしたという記録が出る事なく処理が終わったので、Macを再起動して状況の確認をしてみるが不具合は直っていなかった

結局初期化

幸いなことに、Time Machineから何がなんでも救出しなければならないデータがあるわけではないので、最悪Time Machineの保存内容が全損失となっても実害はない(はず)

また、HDDが異音を発するといった物理的不具合が疑える所見も見当たらなかったので、おそらく論理的不具合によるものと推定し、Time Machineに使っているHDDを初期化することにしました。

ただし、ディスクユーティリティ.appで初期化しようにもエラーが障害となって初期化もできない状況に陥っていたため:

  1. Recoveryモードで起動した環境にてディスクユーティリティを開き初期化(APFSフォーマット)を実行
  2. その後、Macを再起動した環境で再度ディスクユーティリティを開き、念のためもう一度APFSフォーマットで初期化を実行

という手順を踏み、24時間以上経った現時点では過去ファイルが表示されない(=復元できない)といった不具合は解消されたように見えます(要、経過観察)

なお、再フォーマットするにあたりフォーマット項目には "APFS(大文字/小文字を区別)" が初期値として表示されていましたが、あえて区別条件を使わない普通の "APFS" を今回の初期化では指定しました。

まとめ

エントリにも書いた通り、単純にHDD側の論理的エラーが原因だったものと推定できますが、macOS Venturaがトリガーとなったのか、それとも偶発的な何かによって不具合が引き起こされたのか見当はつきません。

ただ、ここに記したような症状に見舞われた場合、よほどmacOSやUNIX系の知識に精通していない限りは『初期化やむなし』となる可能性がありそうなので不運に遭遇した際の参考になれば幸いです。