りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Big Sur:Time Machine (APFS) の修復が出来ない現象

f:id:kjx130:20210613160354j:plain

macOS Big Surのディスクユーティリティ.appで、Time Machineに使用してるHDD(APFSフォーマット)をFirst Aidにかけても検証(修復)出来ないと表示されます。

気がついたのは当方の環境ではmacOS 11.3か11.4の頃と割と最近から(それ以前にも発生していたかは未確認)。

ディスクユーティリティ.appのバグ?

AppleやMacRumorsのフォーラムを覗いてみてもこれを『ディスクユーティリティ.appのバグ』とする見解で概ね一致しているっぽいです。

discussions.apple.com

forums.macrumors.com

ただ、これが単なる表示の不具合(検証はできているけど、失敗と表示されてしまっている)なのか、表示にある通り検証に失敗しているのかは不明。

Appleのフォーラムにもあり、当方からもAppleにはこの件は報告済みですが、現時点での環境(macOS 11.5 Beta, build 20G5033c)でもこの問題は解消していません。

Recovery Modeで実行すれば問題なし

リカバリーモード下のディスクユーティリティ.appを使えばこの問題は発生しませんので、どうしても気になる方はリカバリーモードでFirst Aidを実行して下さい:

リカバリーモード:

  1. Macの電源を入れる
  2. 直後に[command]キーと[R]キーを押しっぱなしにする
  3. Appleロゴが出て、プログレスバーが進み始めたらキーをはなす

通常の起動より時間が掛かりますが焦らず気長に待ってて下さい。

リカバリーモード下でディスクユーティリティ:

  1. メニューバーからディスクユーティリティを選択
  2. 検証するディスクを選択して実行(通常時と同じ操作手順)

検証が終わったらディスクユーティリティを終了し、メニューバーから再起動を選択(システム終了でもOK)

www.4900.co.jp

再フォーマットしても解決せず

ダメもとでTime Machineに使用しているHDDを消去し、改めてAPFSでフォーマットし直した状態で使ってみましたが、状況は改善されませんでした。