りんごが好きなのでぃす

Apple製品に関する噂以外の情報をお届けする初心者&中級者向けブログ

【Macの豆】第78回:画面の右下に出てくるサムネールが邪魔

----- スポンサーリンク -----

f:id:kjx130:20161011143833p:plain

macOS 10.4 Mojaveからスクリーンショットを撮ると画面の右下に撮影画像のサムネールが現れ、5秒ほどで画面の右に滑り出して所定のディレクトリに撮影した画像のファイルが現れる、という動きをするようになりました。

f:id:kjx130:20190721113530j:plain

iOSで先行搭載されていたフローティングサムネール

macOS High Sierraまではすぐに所定のディレクトリにキャプチャ画像のファイルが作成されていたので上記緑色で示した行程を鬱陶しく感じる人もいると思います。

そんな時は以下の方法でフローティングサムネールを無効化できます。

フローティングサムネールの無効化

設定はちょっと気づきにくいところにあります。

まずはアプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダを開き "スクリーンショット.app" を見つけてください。

f:id:kjx130:20190721114338p:plain

macOS 10.3 High Sierra以前にはこのアプリは入っていません

このアプリケーションをダブルクリックすると画面のどこか(中央付近)にツールパレットのようなものが現れるのでその中の "オプション" をクリックします。

f:id:kjx130:20190721114625j:plain

展開したメニューの中に "フローティングサムネールを表示" という項目があるのでこの項目名をクリックしてチェックを外します。

これでフローティングサムネールが現れない従来のプロセスに戻ります。

フローティングサムネールはただのサムネールじゃない

ちなみにこのフローティングサムネールはただのサムネールではありません。

サムネールが表示されている間(約5秒間)にサムネールをクリックすると画像編集が可能な状態に移行します。

f:id:kjx130:20190721115524p:plain

プレビュー.appではなくQuick Lookのインターフェイス

また、サムネールの右クリックで表示されるメニューからもちょっとした指示をすることも可能です。

f:id:kjx130:20190721115721j:plain

サムネール表示を残すにしても無効化するにしてもそれぞれに一長一短があると思うので、それぞれの使い方に適している設定を選んでください。

スクショ画像を扱う機会の多い人、またそれをプレビュー.appで編集することが多かった人はフローティングサムネール[あり]の方が作業性は高いように思います。