りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けする初心者&中級者向けブログ

macOSのデスクトップで“ここだけは直して”と叫びたい箇所1つ

f:id:kjx130:20200308113142j:plain

画面全体じゃなくて一部を切り取っているので伝わらないかもしれませんが、macOSのデスクトップの見た目上で昔からどうしても気になって仕方のない点が“ひとつだけ”あります。

この画像でそれがなんだか分かりますか?

実に些細なことなので気にしている人はいないと思いますが……

端に寄りすぎ疑惑

僕、思うんですけど、このアイコンの並びで最上端(Macintosh HDアイコンの上側)と右側の余白が“極端に少ない”と思いませんか?

なんかすごく窮屈そうで嫌なんです……

表示オプションでの調整

デスクトップの表示オプション[⌘J]でグリッド間隔を調整すれば右側(というかアイコンの横方向の間隔)は調整できます。

できるのですが、何故か最上端の余白は変わらないという クソ 謎仕様。

f:id:kjx130:20200308113919j:plain

間隔MAXでも頭上のクリアランスは変わらない

四辺均等に機能してさえくれれば

グリッド間隔の調整がアイコンの上下左右辺に均等に機能してくれれば、頭上の寸詰まりも解決できると思うんだけど、なんでここだけ固定なんでしょうね。

ちなみに個人的には現在の表示位置から左下にそれぞれ30 pixelずつ動いてくれると、気持ち悪さが消えて落ち着く感じです。

f:id:kjx130:20200308112753j:plain

現在の位置から左に30px、下に30pxずれてくれれば良いのになぁ

画面の大きさによって感じ方は違うだろうから、30pxじゃ離れすぎてると思う人もいるだろうし、もっと離れてても良いとか、いやいや今のがベストって人もいると思います。

なので、せめて最上端の余白を固定する/しないのオプションだけでも追加して欲しい!

 

で、細かいでしょ?笑

 

ちなみに、細かさついでで言えば1ヶ月ほど前にこういう点も指摘しています。

ringosuki.hateblo.jp