りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

OSとMac本体の同時メジャーアップデート

OS のメジャーアップデートと同時に本体のモデルチェンジが行われた例

ちょっと興味があったので調べてみました。

全てを見るのは面倒くさかったので、何となく Mac OS X 10.3 Panther 以降に限定。

f:id:kjx130:20161219000823p:plain

【クリックで拡大】(ちょっと大きいです、ごめんなさい)

青く塗った部分が OS のゼロバージョンがプリインストールされていた Mac。

ゼロバージョンが入っているので OS と Mac 本体の同時アップデートのように見えますが、OS の発売月と Mac の発売月がずれているものは厳密な意味で同時とは言えません。逆を言えば、OS の発売月と Mac の発売月が揃っていれば同時にアップデートがあったと見なせると思い、該当するものを黄色い枠で囲んでみました。

なんと過去8年間に OS と Mac の両方でメジャーアップデートが同時に行われたのはわずかに 2 回のみ。それ以外の殆どは翌月発売になっていますので、平均としては OS 発売の 1 〜 2 週間後に Mac のアップデートがあった、と見ることができそうです。

あれほど気合いが入って売り出された 10.4 Tiger ですら同時リリースされたのは PowerMac G5 のみ。Leopard 以降に至っては同時リリースも無ければ、時間差リリースすらほぼ無い始末……。

となると、さて、OS X Lion ではどうなるんでしょうね……。

[付記]OS のメジャーリリース前月に Mac がアップデートされた例もあると思いますが、今はすでに Lion リリース月を迎えているので割愛しました

---

以下、その他の傾向の話し。
→ あくまでも傾向であって、実際にその通りになるかどうかは全くの別問題

OS の発売日(曜日)

過去のエントリーで Lion は4日じゃないか、11日じゃなかろうか……と書いておきながらこういうことを言うのも何ですが、上図の通り少なくとも過去 4 つの OS はいずれも月末の最終金曜日に発売されているんですよね(Panther は前週ですけど)。今月で言えば29日が最終金曜日。

Mac のモデルチェンジ月

2003年以降に発売された Mac を見てみると、リリース月には明らかな傾向がみられます。一番多いのが新学期シーズンにあたる10月(18.5 %)。次いで4月 (13.9 %)、5月と9月 (各 10.2 %) となっていて、7月は 4.5 % と 12ヶ月中下から 3 番目の少なさ。8月はそれより少し多い 5.6 % で下から 5 番目。

だからどうしたって?

別にどうもしません(笑)。

ただ、傾向だけを見て、その通りに推移するとすれば Lion は29日、新 MacBook Air などは8月初旬、というのも有り得そうと想像できるね、ってだけの話しです。

現在の噂の出方を見てるとこのパターンには当てはまらない(14日頃)っぽいですけど。

まあ、実際に登場するまであれこれ妄想して楽しみましょうよ (´▽`)