りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

どっひゃー!大幅に進化したiMac登場!

最速モデルはIntel Core i7 2.8GHz Quad Core! 遂にiMacクアッドコアの世界に!

10月21日 (日本時間) 、Appleはデザインならびに仕様を大幅に変更した新しいiMacを発表しました。

imac_late2009_03.jpg

継ぎ目の無いオールアルミボディを採用した新しいiMac

新しいiMacMacBook AirMacBook Proで培った技術をもとにオールアルミの一体型削りだしボディを採用した薄く美しいシルエットに生まれ変わり、モニタはApple LED Cinema Display(24インチ)などと同様にLEDバックライトに変更され表示能力が格段に向上しています。

また、Appleはこれまで独自の拘りから画面のアスペクト比は16:10を貫いていました が新しいiMacも遂に時流に乗り、一般的な16:9のアスペクト比に変更されました。これによりHD動画などをフル画面で再生しても上下に黒帯が出る事は無くなります。ちなみに16:10に拘っていたのは画面上部のメニューバーなどの表示領域を確保する為でした。画面サイズも従来機より大型化され、20-inchと24-inchの構成から21.5-inchと27-inchに変更。従来の24-inchでも相当大きかったですが27-inchの迫力たるや、実物を見るまで想像がつきませんね。

しかし、最も驚くのはその価格設定。これだけの性能が盛り込まれながら118,800円からというあり得ない安さ!最も高いモデルでも200,000円に届かない198,800円 (BTOの場合を除く) ですから、Appleの本気具合が伺い知れますね。

注目のクアッドコア採用モデルは27-inchモデルのみとなりますが、個人的にはエントリーモデルがお薦め。欲を言えば一つ上 (148,000円) の方が良いですが、先代と同じGeForce 9400Mのままでも一般的な使い方をする分においては必要十分だと思います。興味のある方はiMacのページなどでぜひ比較してみて下さい。

その他、地味な変更点としては今までの (あまり評価が高くなかった) TN液晶をやめてIPS液晶にアップデートされている事や、ドットピッチが今まで以上に精細になった事があげられます。先代の20-inchは液晶の表示能力が「う〜ん」だったのでLEDバックライト採用とともに飛躍的な進化を遂げたと言っても良いかもしれません。

予想していたデザインとは違っていたけど、アゴが小さくなったのは非常に嬉しい!

【参考】CNET Japan新型27インチ「iMac」のファーストインプレッション

広告を非表示にする