りんごが好きなのでぃす

Macを中心に、たま〜にiPhoneやiPadなどの話題も届けていたら今年で25年目を迎えてました

小ネタ:macOSでDogCow、iOSでもDogCow(召喚の仕方)

macOSとiOSで "DogCow" を召喚できるイースター・エッグが見つかってちょっとだけ話題になっています。

"DogCow" を知らない人以下のページをご覧ください。

それではmacOS、iOSそれぞれでの召喚方法を以下に紹介します。

macOS

確認したのはmacOS Venturaなので、macOS Moterey以前のバージョンでは通用しないかもしれません。あらかじめご了承ください。

召喚方法

  1. macOS標準の "テキストエディット.app" を起動
  2. 適当なテキストファイルを開くか、新たに作成する
  3. ファイルメニューから "ページ設定(⌘+shift+P)" を選択

すると表示されるダイアログの左側にDogCowが現れます。

Artman 21の "Jedit Ω" で試したら出てきました

恐らく "ページ設定" の項目が用意されているアプリケーションであればテキストエディット.appじゃなくてもDogCowが出てくると思うので試してみて下さい。

iOS/iPadOS

確認したのはiOS 16なので、iOS 15以前のバージョンでは通用しないかもしれません。あらかじめご了承ください。

召喚方法

  1. テキスト入力ができる任意のアプリを起動
  2. "絵文字" を入力するキーボードモードに変更
  3. 絵文字パレットの上部にある検索欄に "moof" または "Clarus" と入力*1

すると絵文字候補に "Dog" と "Cow" が出てきます。

厳密にはmacOSでの "DogCow" とは違いますが気持ちは伝わる、笑

なんの役にも立ちませんが、イースター・エッグとはそういうもの。自慢できそうなシチュエーションに遭遇した暁には、全力でドヤって下さい!笑

*1:文字入力は英字キーボードモードで行って下さい