りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

Mac、30周年勝手企画:歴代起動音の譜面(てきとー)

ビープ音から馴染みのジャーンまで全7種類

Macintosh 生誕 30 周年の勝手企画として、歴代 Mac の起動音を譜面に起こしてみました。

それぞれを基にして音色を工夫すればそれに近いニュアンスは出ると思いますが、譜面自体がアバウトなので頑張っても完コピにはならないかもしれません。その辺りはお目こぼし頂ければと σ(^_^;)

Macintosh 128K (1984年) など

ポー♪ という単発ビープ音だったんですね。

startupchimescore_001.jpg

30 セントほど上にピッチシフトすると実音に近いかな

Macintosh ll (1987年) など

なんとなく物悲しさを感じないでもない味わいのある音。譜割りは同じでもモデルによって音色に多少の違いがあったようです。

startupchimescore_002.jpg

ピッチシフトは不要

Macintosh Quadra 700 (1991年) など

これまでの矩形波系の角張った音から柔らかい音に変わり、ちょっとリッチなサウンドになりました。再現するんだったらストリングス系と尺八のようなアタックを持つ音を組み合わせると似た雰囲気が出るかも。

startupchimescore_003.jpg

こちらもピッチシフトは不要

マイルドな音色に変えると 20th Anniversary Macintosh の起動音にもなります。

Power Macintosh 6100 (1994年) など

起動するたびに不安に駆られそうな不協和音……なぜに。再現するんだったらギターのハーモニクスサウンドを使うのが近いかな?

startupchimescore_004.jpg

ハーモニクスが無い場合は2オクターブくらい上の音を薄〜く被せると少し似るかも……

Power Macintosh 6200 (1995年) など

ダンジョン内の薄暗い雰囲気が似合いそうな荘厳な音色。PM6100 の起動音と同様、不安というか緊張感が煽られる雰囲気が有りますね (^_^;)

startupchimescore_005.jpg

譜面にはしてませんが低音パートはブワワンワンワン……な感じ(イミフw)

Power Macintosh 9500 (1997年) など

今現在 Mac を触っている方々が聞いている起動音と同じですが、現在よりも半音高い音で鳴っていました。Mac の起動音を「ジャーン♪」と表すようになったのもこの起動からだと思います。

startupchimescore_006.jpg

クォーターキーで鳴っているので四半音(50セント)下げて下さい

現行

和音の構造は同じで先の起動音を半音下げたのが現行の起動音。Intel 系の Mac(一部 Power 系を含む)からこの起動音に変わった……と思います。半音下がった分、少し暗い印象の起動音になりました。

startupchimescore_007.jpg

こちらも(ほぼ)クォーターとなる -40 セントあたりが実音に近いかも

おことわり

冒頭でも記した通り、採譜はかなりアバウトです。譜面に載っていない音階、或は鳴っていないのに載っている音階があるかもしれません。また全てにおいて見やすさを優先してト音記号ヘ音記号)を使ったため、音色などによっては実音とオクターブが異なる場合もあるかもしれません。ご了承下さい。

実際の起動音を聞きたい場合

AppStore から無料で入手できる Mactracker をお使い下さい。使い方は一昨年のエントリ "歴代 Mac の起動音" で紹介しています。

 

Mactracker

Mactracker

  • Ian Page
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

  

Mactracker

Mactracker

  • Ian Page
  • 辞書/辞典/その他
  • 無料

 

 
広告を非表示にする