りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

macOS Big Sur、正式版リリース

f:id:kjx130:20201113125714p:plain

2020年11月13日(日本時間)AppleはmacOSのメジャーアップデート版となるmacOS Big Sur 11.0.1をリリースしました。

www.apple.com

macOS 10.15 Catalinaまでとの相違点やmacOS Big Sur 11.0.1の特徴などは上記リンクにてご確認ください。

なお、これまでは「macOS+バージョン+シリーズ名」の順で表記されていましたが、Big Surからは後半が入れ替わり「macOS+シリーズ名+バージョン」の順になった模様。

また、バージョン表記については前例に倣うと「macOS 10.16」になるところですが、上位の桁を進番させた「11.0」を与えることでApple Silicon対応など内部的に大掛かりな変更が加えられて与え代替わりしたことを前面に押し出しています。

ちなみに、開発終盤のベータ版でバージョンが11.0.1にマイナーアップデートされてから正式版のリリースに至っているので、正式版は「11.0.1」からのスタートです。「11.0」になっていないのは正常なので心配しなくて大丈夫です(^-^;

macOS Big Sur アップグレード必要条件

以下は抜粋です、詳細は上記リンク先のmacOS Big Surのページで確認してください。

機種

  • MacBook(2015以降)
  • MacBook Air(2013以降)
  • MacBook Pro(Late 2013以降)
  • Mac mini(2014以降)
  • iMac(2014以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2017以降)

システム要件

  • Mac OS X 10.9 Maverics以降が入っている環境
  • 4GB以上のメモリ
  • 35.5GB以上のHDD/SSDの空き容量*1

既存の環境においてTime Machineで全域をバックアップしている場合はすぐにアップグレードしても大丈夫です(心配な場合はアップグレード実施直前に手動で再度バックアップを)

Time Machineは稼働させているがバックアップの除外設定を行なっている場合は、必要に応じて除外している分のバックアップを取り忘れないように注意。

Time Machineを利用していなくてもアップグレードは可能ですが、万が一のトラブルが発生した場合に復旧が非常に困難、あるいは諦めなければならなくなる可能性もゼロではないので最低でも死守したいファイル類のバックアップは予め取っておきましょう。

通信環境と本体の処理能力にもよりますがアップグレードにはそれなりに時間が掛かります。ノート型の場合途中でバッテリー切れになると最悪の場合は致命傷を負うこともあるので必ずACアダプタを接続して給電されている状態でアップグレードを行ってください。

アップデートのやり方がわからない方は以下のAppleサポート文書をご覧ください。

support.apple.com

*1:macOS 10.12 Sierraより前のバージョンからアップグレードする場合は最大で44.5GBの空き容量が必要