りんごが好きなのでぃす

リーク嫌いの方向けに噂などを除いたApple製品に関する情報を紹介します

OS X:Dockから一発でiTunes StoreのミュージックやApp Storeを表示させる小技

f:id:kjx130:20160612111626j:plain

通常、iTunes StoreのミュージックやApp Storeなどのページに行くには……

  1. iTunes.appを起動
  2. iTunesウインドウ左上のプルダウンからミュージックなどを選択(iTunes 12.4.1の場合)

という手順を踏みますが、以下に記す仕込みを施しておけば一発で『ミュージックストアのトップページ』や『App Storeのトップページ』を表示できるようになるので、わずかですがiTunes内を移動する手間を減らすことができます。

URLスキームを使う

例えばSafariのURL欄に「dict://スティーブ・ジョブズ」と入力すると、辞書.appでその結果を表示させることができます。

f:id:kjx130:20160612112546j:plain

この「dict://〜」のように「http://〜」に似た書式を用いて「何かの、何か」を開く仕組みがURLスキーム(雑な例えでごめんw)というもので、iOSに実装されていることは割と知られているけど、実は(当然なんだけど)OS Xにも実装されています。

で。

iTunes.appを起動させる際に用いるのは「itms://〜」というもの(別の書式もあるけど割愛)で、この中には「ミュージック(のトップページ)を開くためのURL」や「App Store(のトップページ)を開くためのURL」といったものが沢山用意されています。

一例を挙げると……

itms://itunes.apple.com/jp/genre/id34

これがミュージック(トップ)を開くときに用いるURLで、例えばこれをSafariのアドレス欄にコピペしてreturnを叩けばiTunes.appが起動してミュージック(トップ)が表示されます。

これを利用しよう、というのが今回の小技。

ロケーションファイルをDockに登録しておく

百聞は一見に如かずなので、前述のミュージック(トップ)を一発で開くための手順を先に記しちゃいます。

  1. itms://itunes.apple.com/jp/genre/id36 をSafariのアドレス欄に入力
  2. アドレス欄に左側に表示された地球儀のファビコンをデスクトップへドラッグ&ドロップ
  3. デスクトップ上に作られた「@」マークが描かれたアイコンを、Dockの右側(縦表示の場合は下側/Dock内の仕切り線よりもゴミ箱側)にドロップ

これでDockから一発で「ミュージック(トップ)」を開けるようになりました。

あとは適宜、必要なURLをDockに登録するという作業を繰り返せばOKですが、やみくもに登録しちゃうとDockがカオスになってしまうので、利用頻度の高いものをいくつか選抜して登録するのが良さそうです。

なお、アドレス欄からデスクトップにドロップして作成したファイルを削除してしまうとDockに登録したものが機能しなくなる(実体ファイルが削除されたため)ので、正式に運用する場合はこのファイルを書類フォルダなどに保存してからDockに登録するようにしてください。

使用できるURL(主要なもののみ抜粋)