りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

iPhotoで「隠す」を選択した写真はどこ行った……への答え

『隠す』をした後の分かりにくさも多分これで解決

iPhoto (Mac) には "写真を隠す" という設定が用意されて、"隠す" に設定すると下図のように iPhoto の(通常の)画面には表示されなくなります。

cap_20140112_111407.jpg

写真上で右クリックから選択、または写真選択後 "写真" メニューから "写真を隠す" を選択

不用意に他者から見られることが無いようにという配慮が……有るのか無いのかは知りませんが、この機能によって隠された写真を後から探そうとすると地味に分かりにくいと思いませんか?

正規の手順で探したい場合

iPhoto の "表示" メニューに "隠された写真" という項目が用意されています。この項目の頭にチェックマークが付いていなければクリックで項目を選択して下さい。

cap_20140112_113618.jpg

上図はチェックマーク無しなので『隠された写真は表示されない』状態であることを示している

これにより "隠された写真" も表示される表示モードに切り替わります。また "隠す" に設定されている写真の右上には下図のようにオレンジの「X」マークが付けられるので容易に判別できます。

cap_20140112_114406.jpg

左は隠すに設定していない写真、右は隠すに設定してある写真

隠された写真を表示するか否かのモードはアプリを終了しても維持されます。表示モードを元に戻さない限り、隠された写真は表示されっぱなし(隠した意味が無い状態のまま)になるので気をつけましょう ((((; ゚Д゚)))

写真に設定されている "隠す" を解除したい場合はこのように表示モードを切り替えてから、当該写真を選択して右クリックから選択、または "写真" メニューから "写真を隠さない" を選択すれば OK です。

表示モードの切り替えが面倒くさい場合

いちいち表示モードを切り替えるのが面倒くさい場合はスマートアルバム機能を使ってみると良いかも。

cap_20140112_115443.jpg

このように条件付けするとこのスマートアルバムには "隠された写真" だけが勝手に集まってくれる

ただし上図の通りの名称でスマートアルバムを作成すると、当然のことながら iPhoto のサイドバーにも "隠されている写真" という名称が載るので写真を隠している意味があるのかどうか……とも言えます。この辺りは適宜賢くw運用して下さい。

iPhoto (ver. 9.5.1) iTunes

写真|1152.89 MB|1500 円(記事作成時)

【PR】高機能イメージ編集・変換ツールの定番といえば老舗のグラコン、バッチ処理もお任せ!

GraphicConverter 9 (ver. 9.0.2) iTunes

写真|207.23 MB|4000 円(記事作成時)

広告を非表示にする