りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けするブログ、地味に今年で23年目(通算)

iPadOS 14、正式版リリース

f:id:kjx130:20200703133146p:plain

2020年9月17日、AppleはiPadOS 14の正式版をリリースしました。

iPadOS 14ではOSの基本操作周りを始め、Apple Pencilの新機能と再設計されたアプリを始め様々な改良が行われています。

iPadOS 14では、iPadの大きなMulti-Touchディスプレイを活用したApple Pencilの新機能と再設計されたAppが含まれます。Siri、検索、および着信のためのコンパクトなデザインにより、目の前のタスクに集中できます。図形の認識やスマート選択などの賢い新機能により、メモを取るのがさらに楽になります。スクリブルを使えば、Apple Pencilを使って任意のテキストフィールドに手書きで文字を書き込むことができ、書いたものを自動的にテキストに変換します。さらに、ARKit 4の新しい深度APIにより、デベロッパはよりリアルなAR体験を作ることができます。


一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。

この改良(仕様変更などを含む)を受けて、iPadOS 13.xまでで動作していたのにiPadOS 14で動作しなくなるアプリがあります

大抵は早晩iPadOS 14への対応をしてくれると思いますが、仕事で使っているなど使えなくなると支障が出る恐れのあるアプリを使用している場合はiPadOS 14へのアップデータを適用する前に各アプリの開発・発売元のHPに行くなどして状況を確認することをお勧めします。

時間がある方は母艦経由のアップデートを推奨

アップデートの適用はiPhone/iPadの端末から直接行うOTA(Over the Air)と、USBケーブルで接続したMac/PCを介して行う方法があります。

急いでいる方はOTAによるアップデートでも構わないと思いますが、メジャーアップデートではMac/PC(母艦)を経由させるフルアップデート(OTAは差分アップデート)させた方が安定性が高まると思います。

主要携帯各社以外を利用している方は先に動作確認を

iPadのCellular対応板を使用している方は、主要携帯各社(docomo、au、softbank)以外の通信会社はiPadOS 14を適用する前に各通信会社において使用中の端末がiPadOS 14での動作確認が取れているかをチェックして下さい。

代表的なMVNOのIIJmioやmineoなどは早ければ一両日中にも最新機種から優先的に動作確認を行いその結果を各社HP、あるいは公式Twitterアカウントを介してアナウンスしてくれると思います。

一例として、こちらはiPhone用のアプリですがIIJmioの通話アプリ(みおふぉんダイアル)で電話帳表示に関する不具合が発生していることが既にアナウンスされています。

iPadOS 14 Betaリリース履歴

※ Public Betaは概ね開発者向けBetaと同日か翌日にリリースされますが本エントリ執筆時点では未公開

  • 2020/06/22:iPadOS 14 Beta 1 (18A5301v)
  • 2020/07/08:iPadOS 14 Beta 2 (18A5319i)
  • 2020/07/23:iPadOS 14 Beta 3 (18A5332f)
  • 2020/08/06:iPadOS 14 Beta 4 (18A5342e)
  • 2020/08/19:iPadOS 14 Beta 5 (18A5351d)
  • 2020/08/26:iPadOS 14 Beta 6 (18A5357e)
  • 2020/09/04:iPadOS 14 Beta 7 (18A5369b)
  • 2020/09/10:iPadOS 14 Beta 8 (18A5373a)
  • 2020/09/16:iPadOS 14 GM Seed (18A373)
  • 2020/09/17:iPadOS 14 リリース