りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Mid 2010のMacには最大で16GBのメモリを搭載可能

条件さえ整えば公式仕様を遥かに超えるメモリを積める

Vintage Computer によると、Mid 2010 モデルの Mac (一部を除く) は最大で 16GB までメモリを拡張する事が可能である事が判明したとの事。

f:id:kjx130:20161216152113p:plain

対象機は OS X 10.7.5 以降がインストールされていて、且つ最新版の EFI Firmware Update が適用されている必要があるとの事(下図参照)。

16GB に拡張可能な Mid 2010 の Mac は以下の通り。

公式では最大 4GB とされている、MacBookポリカーボネートの白いやつ。

f:id:kjx130:20161216152117p:plain

EFI Boot ROM ver.: MB71.0039.B0E (EFI 2.1)

13-inch の MacBook Pro。公式では最大 8GB。15&17-inch は最大 8GB のまま。

f:id:kjx130:20161216152120p:plain

EFI Boot ROM ver.: MBP71.0039.B0E (EFI 2.5)

そしてこちらも公式では Max 8GB とされている Mac mini

f:id:kjx130:20161216152127p:plain

EFI Boot ROM ver.: MM41.0042.B03 (EFI 1.5)、Server 仕様の Mac mini (Mid 2010) も同様

ソフトウェア・アップデートを実行して Firmware Update が表示されなければ最新の Firmware が適用されている状態です。確認したい場合はアプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダに入っている "システム情報.app" を起動し、ハードウエアの項目に載っている "ブート ROM のバージョン" をご覧下さい。

なお iMac (Mid 2010) に限っては Max 16GB ではなく Max 24GB まで行けるようです。

上記の件の詳細は Vintage Computer のブログにてご確認下さい。

【参考】現行の EFI ファームウェアアップデートの表Apple Support Documents