りんごが好きなのでぃす

Apple製品に関する噂以外の情報をお届けする初心者&中級者向けブログ

【Macの豆】第86回:GarageBandやLogicで使える究極に地味な便利技ひとつ

----- スポンサーリンク -----

f:id:kjx130:20161011143833p:plain

もとを辿ればAppleに吸収される前、emagic社が手がけていた頃のLogicシリーズに採用されていたテクニックのひとつだと思いますが、いまもって受け継がれている "究極に地味な便利技" をひとつ紹介します。

ここでは音楽系アプリのLogicやGarageBand向けとして紹介しますが、もしかしたらFinal Cutなど他のメディア系アプリでも使えるかもしれません(持っていないので確認は各個人でお願いします)

option+クリックでパラメータリセット

これだけじゃなんのことか分からないと思うので実例をひとつ。

例えば下の画像にある "Dream" トラックのPANツマミ(ステレオ定位)を[option]キーを押しながらクリックします。

f:id:kjx130:20190810111007j:plain

たったこれだけでPANツマミは中立(初期値)に戻るので、わざわざマウスドラッグで値を "パン:0" に調整する必要はありません。

ボリュームスライダも同様で、下図の例だと "-1.1db" に設定してありますが……

f:id:kjx130:20190810111701j:plain

[option]を押しながらクリックすると、初期値の "0 db" に一発で戻ります。

エフェクター類についても概ね同様。

例えばExciterのパラメータが以下のように設定されていても……

f:id:kjx130:20190810111920p:plain

Frequencyのスライダを[option]+クリックすると "5000Hz" が "1000Hz" に、Harmonicsのスライダを[option]+クリックすると "+60.5%" が "+20.5%" になります。

気をつけたいのは『初期値に戻る』という点。

初期値が必ずしも "中立" や "ゼロ" とは限らないので、その辺りはそれぞれで把握しておく必要はありますが、何れにしても『一発で初期値に戻すなら[option]を押しながらクリック』という地味テクは覚えておいて損はないと思います。

なお[option]+クリック後に[command]+[Z]をしてもUndoは効きません……というか手動でパラメータを変更したとしても取り消しは聞かないので、設定値を試行錯誤する時はちょっとだけ気をつけてください。

---リンクテスト中

Mac整備済製品 - Apple(日本)