りんごが好きなのでぃす

Macを中心に、たま〜にiPhoneやiPadなどの話題も届けていたら今年で25年目を迎えてました

激レア企画:記事の内容に物申す(それ本当に速くなる?)

自称 "穏健派" なので大手さんの書かれた記事に異論があってもスルーする私ですが、本日目にとまった記事はちょっと「ん?」と思うところがあったので、失礼かとは思いますがちょっと横槍を入れさせていただこうかな、という激レア企画エントリです。

元になった記事が以下のものなのでまずはそちらをご覧ください。ちなみに3年前の記事を再編集して再掲したものだそうです。

www.lifehacker.jp

以下、リンク先の記事の見出しに沿って記していきます。

1. SSDをアップグレードする

一般的に言って古いものよりも新しいものの方が技術の進化などもあるので交換することにより速度が向上することは期待できます。HDDも然り。

しかし、例えばMacBookシリーズはロジックボード直付けのSSDが採用されて久しいですし、iMacはガラスパネルを外して配線処理をしながらドライブにアクセスする技術が求められ、いずれにしても素人がおいそれと手出しできません。

SSDを載せ替えることができるのはそういう仕様になっているMacと、それに必要な技術と知識を持ち合わせている個人のみ。

もちろん業者さんにお願いする道もありますが部品代+作業料、交換後のスペックで何年使い続けられるか等も勘案するとコスパに優れた選択肢とは思えません。

もちろん古い機種を末長く使うための延命措置など、然りべき理由があってのことであればそれを否定する気は毛頭ありませんし、むしろ存分に楽しんでもらいたいところです(以下同様)

2. RAMを増設する

Intel iMac 5K(27-inch)のように簡単にメモリにアクセスできる設計になっているものは良いとしても、MacBook AirなどのようにロジックボードにRAMすら直付けされているような機種ではRAMの増設も交換もできません。

Macの速度向上が期待できる選択肢の中で最もコスパに優れているのがRAM(メモリ)の増設ではありますが、使っているMacがメモリの交換/増設可能な機種なのかが問題です。

3. 古いアプリをアンインストールする

macOSは起動ディスクの空き容量が少なくなるほど動作が緩慢になるので、一定程度の空き容量は常に確保しておくのが望ましい。

従って『無駄に容量を食っているものがあるならそれを削除して空き領域を確保しましょう』という話になって、それがつまりは用済みのファイルだったり古いアプリだったりするんじゃないか、ということが言いたいみたい。

古いアプリをアンインストールしただけでは速度はが向上(回復)しません。

( ˙-˙)。oO(古い『常駐アプリ』を削除した場合は多少の効果はあるかもしれないけど)

4. もっと軽いアプリを使う

例えば画像を小さくするだけならわざわざPhotoshopを使わなくてもOS標準のプレビュー.appで出来るように、高負荷のアプリを使うよりは低負荷のアプリ(ここで言うところの軽いアプリ)を使った方が性能の低いMacほど違いが顕著に現れます。

ただこれはあくまでも体感速度が向上しただけで、前述のSSD交換やRAM増設による処理能力の向上によるものとは話が違うので、これも前項(3)同様に誤解に注意。

( ˙-˙)。oO(小さい車に4人乗るより1人だけの方が軽快だけど車の性能が上がったわけではない、と同じ)

5. macOSを再インストールする

手間と時間は掛かりますが、クリーンインストールをすれば『概ね購入時並みの速度に回復』することが期待できます。

過度な期待は禁物ですが、今現在何をやるにも処理がもたつく……という重症状態にあるなら、かなりの高確率で速度向上は期待して良いと思います。

内蔵HDDで稼働しているMacなら『USB 3.0 or Thunderbolt端子に外付けSSDを接続して、そっちにOSをインストールして起動ディスクとして使う』のが最善策だと思います。

6. デスクトップの背景を変える

ここにきて急にオカルトが……

本体のメモリが32KBとか64KBしかない30年以上前のMacならまだしも、GBクラスのメモリを積むのが当然な昨今においてはデスクトップ画像の変更はなんの役にも立ちません。

ただ、『デスクトップの背景』ではなく例えばメニューバーの透過処理をOFFにするなど『デスクトップに表示されているものを工夫することで負荷を減らす』というやり方はありますが、これだけでMacの速度が劇的に改善するとは言い難いので他の工夫と合わせ技で考える必要はあると思います。

7. Macを物理的に掃除する

ボール式のマウスやトラックボールなら駆動部のローラーに密着した汚れが原因で感度が鈍ることがあるので、掃除をする事で応答が良くなったことを"速くなった"と錯覚する可能性はあるけれど……

信じるか信じないかはあなた次第じゃないけど、これもほとんどオカルト(^◇^;)

ちなみにリンゴ印のお高いクロスもあるようですが、画面や本体を吹き上げるには以下の製品が高評価みたいですよ。

くじゃくのおっさん的結論

僕だったらしのごの言わずに『OSのクリーンインストール』を敢行します。理由はふたつ。

  • あれこれ時間と手間をかけて速度低下となっている原因を探し出し、仮に特定できたとしても解決できなかったので結局クリーンインストールをすることに……なんてことになったら時間が勿体無い(勉強にはなるけど)
  • クリーンインストール前の環境に再び整えるだけなら追加費用は掛からない(時間と労力は必要、場合によってはアプリの買い替えもあるかもしれないけどレアケース)

いろいろ考えるのが面倒くさいし、使用中のディスクを消す勇気は……というのであれば、項目(5)でも触れたように外付けSSDを起動ディスクとして使うようにするのが最も手間と時間が掛からない方法だと思います(出費はするけど)

まあ、いずれにしても速度向上(回復)のためにはそれなりの手間と時間はどうしても必要になってしまうので、挑もうと思ってもなかなか踏ん切りがつかないのが現実かもしれないですね(^_^;)