りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に23年目

【Macの豆】第106回:アプリケーションスイッチャーを賢く使って作業効率をプチUP

f:id:kjx130:20161011143833p:plain

前回こんなエントリーを書きましたが、

ringosuki.hateblo.jp

今回はこれの続きみたいなもので、前回紹介したcommand+Q以外も含めていくつかある隠し(?)コマンドを以下に紹介します。

アプリケーションスイッチャーとは

command(⌘)を押しながらtab(→|)を押すと出てくる、

f:id:kjx130:20200803152742j:plain

起動中のアプリケーションが画面の真ん中に表示される

この表示をアプリケーションスイッチャーと呼び、その名の通りアプリケーションを容易に切り替えられるようにと用意されているインターフェイスです。

例えば上の画面だと現在はプレビュー.appを使用している状態ですが、この時にcommandを押したままtabを1回叩くと選択表示がFirefox.appへ、さらに3回叩けばMail.appに選択が移動しキーを放すとそのアプリケーションに画面が切り替わる、という仕掛けになっています。

と、アプリケーションスイッチャーが何なのか分かったところで本題に。

隠しじゃないけど知られてないコマンドの数々

選択の右移動(通常)

commandを押しながらtabキーを叩くごとに選択は右に移動します。

commandを押したまま右矢印キー[▶︎]を叩いてもOKです。

選択の左移動(通常)

commandとshiftを押しながらtabキーを叩くごとに選択は左に移動します。

commandを押したまま左矢印キー[◀︎]を叩いてもOKです。

選択の移動(高速版)

マウスのスクロール操作でも選択の移動が可能で、スクロール操作の速さに応じて選択も素早く移動します。

アプリケーションの終了

前述の操作でアイコンを選択後、そのままcommandを押し続けた状態で[Q]を叩くとそのアプリケーションが終了します。

アプリケーションを隠す

同様にして、commandを押し続けた状態で[H]を叩くと選択されていたアプリケーションが隠れる(非表示)になります。

再表示させたい場合はアプリケーションスイッチャーで隠したアプリケーションのアイコンを選ぶとか、Dockで再表示さえたいアプリのアイコンをクリックするなど『アクティブにするための何らかの操作』を行えばOKです。

ミッションコントロールを呼び出す

同様にして、commandを押し続けた状態で上下いずれかの矢印キー[▲or▼]を叩くとミッションコントロールの画面に切り替わります。

ちなみに上下矢印キーではなく数字の[1]でも同じ動きを見せているように思えるのですが、同じなのか別の用途なのか、なんで数字の[1]なのか……よく分かりません(^-^;