りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

【Macの豆】第42回:Mission Controlヘビーユーザに勧める唯一の設定

f:id:kjx130:20161011143833p:plain

ご無沙汰しておりました、Macの豆企画復活ですw

というわけで本題。

macOSにはMission Control(ミッションコントロール)と名付けられたデスクトップの切り替え機能が備わっています。

support.apple.com

この機能を頻繁に使うようになると、いずれ使いにくさを感じて来るであろうことが一点だけあります。それが……

Finderウインドウの所在

例えばデスクトックトップ1で開いたFinderウインドウは、デスクトップ2上には表示されないし、逆にデスクトップ2でFinderウインドウを開くとデスクトップ1には表示されずファイル操作がしにくくなります。

その対策としてお勧めしたいのが……

Finderウインドウの割当先を変更

アプリケーションウインドウは通常、その時点で表示させているデスクトップ上に展開されますが、macOSには以前からその展開先を指定できる設定が用意されています。

例えば通常はデスクトップ1を使用するが、Mail.appはデスクトップ2で、Safariはどのデスクトップで開かれても良いけどFirefoxは常にデスクトップ3で、とか。

この設定をFinderに施すだけで劇的に使い勝手が良くなります。

やり方はとても簡単。

Dock上のFinderアイコンを右クリックし、"オプション"から割り当て先を"すべてのデスクトップ"にするだけ。

f:id:kjx130:20180201144620j:plain

これで全てのデスクトップにFinderウインドウが表示されるようになるので、Finderウインドウを操作するために別のデスクトップに戻って……という煩わしい操作をせずに済むようになります。

このエントリは4年前のエントリを書き直したものです:

ringosuki.hateblo.jp