りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Apple Mapは誰でも誤りなどを申請できるって知ってた?

f:id:kjx130:20171219172547j:plain

Appleのマップ、リリース当初は地図データがめちゃくちゃだったりと惨憺たる状況でしたがそれも昔の話で、いまは人並みに使えるレベルにはなった……と思います。

とはいえ、Googleマップなどその他マップ諸先輩方に比べれば至らない点はまだまだありそうで……。

そんな中、Appleのマップを見ていて「あ、去年閉店したコンビニなどがまだ載っているわ」なんて経験したことがないですか?

そういう時はAppleに申告してみてください。絶対とは言い切れませんが、私の場合だと8割がたは対処してくれています。

ちなみにデベロッパ登録やベータテスタ登録をしていなくても、macOSユーザであれば誰でも申告することができます。

申告する手順

まずはmacOSのマップ上に表示されている「いまはもう無い」施設を表示。

f:id:kjx130:20171226105347j:plain

札幌市中心部、北海道庁南側の斗南病院(跡地)

アイコンや施設名をクリックすると上図のように施設の情報がポップアップされるので右側に表示されている(i)アイコンをクリックします。

詳細表示が出たらそのポップアップウインドウをスクロールします。

すると下の方に[問題を報告]と記されたボタンが現れるのでこれをクリック。

f:id:kjx130:20171226105730j:plain

スクロールできるように見えないのが難点……

別のウインドウ(垂れ幕)が出てきたら、今回は場所が閉鎖したことを申告したいので「場所の閉鎖」を選択して次に進みます。

f:id:kjx130:20171226110107j:plain

最後に場所の問題を一つ選び、テキスト欄に追加情報を記入します。

追加情報(閉鎖した理由や経緯など)は出来る範囲で詳しく書いてあげたほうが対処が早いような気もしますが私の気のせいかもしれません(^-^;

送信ボタンを押して申告完了。

f:id:kjx130:20171226110441j:plain

自分の生活圏内で要修正なマップ情報を見かけたらお試しください。

どういう基準かは不明ですが、稀にAppleから対処完了の通知が届くのでささやかながらAppleに貢献できた喜びも堪能できます、笑