りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

macOSにも残っていた、ちょいぽちゃなSafariアイコン

f:id:kjx130:20160923172233j:plain

懐かしいですね〜( ´▽`)

2014年10月にリリースされたOS X 10.10 Yosemiteから姿を消した「ちょいぽちゃ」なSafariのアイコン。

もう2年にもなるのですっかり真っ平らなSafariさんに慣れてしまいましたが、macOS 10.12 Sierraとなった今でも実はこのちょいぽちゃSafariさん(の亡霊)が残っているってご存知でしたか?

Dashboardの中にいます

まずはDashboard機能を呼び出します。

Dashboardを使ったことがない人はLaunchpadかアプリケーションフォルダの中からこのアイコンを探し出してクリック(or ダブルクリック)

f:id:kjx130:20160923174349j:plain

Dashboardの画面が表示されるので、その中にある"Webクリップ"と書かれたアイコンをクリックします。

f:id:kjx130:20160923172644j:plain

するとWebクリップのウィジェットが表示され……

f:id:kjx130:20160923171829j:plain

ここに懐かしき「ちょいぽちゃSafari」さん(の亡霊)が登場!

お久しぶりです!

Dashboardは風前の灯……

2014年10月にSafari.appのアイコンはフラット化された新しいデザインに変わったというのに、Dashboardに表示されるSafariのアイコンは2年経った今でも古いまま。

(´-`).。oO(そもそもDashboardのアイコンもフラット化前のデザインのままだよね……)

すでにDashboardは飾りのような扱いになっているのは誰もが気づいていたことだと思いますが、こういう部分からもAppleにとってはDashboardはすでに過去のものとされている気配が伺えますね。

先のことはわかりませんが、もしかするとmacOS 10.13では廃止ということになるのかもしれません……

まあ、私個人としては有っても無くても関係ありませんが (^◇^;)