りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けする初心者&中級者向けブログ

macOS Sierra、正式版リリース

f:id:kjx130:20160921015746j:plain

日本時間2016年9月21日未明、AppleOS X 10.11 El Capitanのメジャーアップデート版となる「macOS Sierra」をリリースしました。

macOS Sierraでは主に下記のようなアップデートが行われています(概要)。

  • 音声入力アシスタント "Siri" がMacでも使えるように
  • Mac - iOSバイス間でテキストなどのコピペ共有が可能に:対応機種に制限あり
  • 自動ロック解除:対応機種に制限あり
  • ピクチャ・イン・ピクチャ機能
  • 写真(Photos)アプリのアップデート
  • メッセージアプリの大幅な機能向上

www.apple.com

アップデート前に確認を怠るべからず

OS X 10.11 El Capitanが動作している環境であればmacOS Sierraをインストールすることは可能になっているので、特段の事情がなければ頃合いを見てアップデートされることをお勧めします。

ただし、アプリケーションによってはmacOS Sierraに未対応であったり、あるいは何らかの動作の不具合が確認されているものもあるので、その辺りはOSをアップデートする前にしっかりと調べておきましょう。

特にセキュリティ関係のソフトは時として大きな障害を来す場合があるのでしっかりと調べてからアップデートを行うようにしてください。

バックアップを忘れずに

Time Machine機能を使用されている方は、macOS Sierraアップデータをダウンロードする直前に、もう一度手動でバックアップされることをお勧めします。

メニューバー右肩にTime Machineアイコンを表示させている方はこれをクリックして表示されるメニューから、DockにTime Machine.appを登録している方は右クリックで表示されるメニューから「今すぐバックアップを作成」を選択します。

(´-`).。oO(メニューバーにアイコンを表示させていない方は、システム環境設定>Time Machineを開き「Time Machineをメニューバーに表示」のチェックを入れてから前述の手順を踏んでください)

また、別途外部ディスクなどを用いてバックアップを取っている場合も、Sierraをダウンロードする前にもう一度バックアップのし忘れがないか念のため確認しましょう。

リリース直後は多分時間がかかる

macOS Sierraは日本時間の9月21日午前2時に、世界中でほぼ同時にリリースされるためアクセスが集中してダウンロードに相当の時間を要することが予想されます。

こればかりはどうしようもないので、不都合がなければ半日から1日ほど遅れてダウンロードされることをお勧めします。

呼び名が変わりました

これまでは「OS X(オーエステン)」という名称でしたが、今回のバージョンからiOSやtvOSなどに準じた「macOS(マックオーエス)」という名称に変わりました。

Mac OS X以前の「Mac OS」とは区別し小文字の「mac」と大文字の「OS」が連結した「macOS」という形での表記になるので混同しないように気をつけてください。

 

macOS Sierra

macOS Sierra

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料
OS X Server

OS X Server

  • Apple
  • ユーティリティ
  • ¥2,400