りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けするブログ、地味に今年で23年目(通算)

El Capitan:日本語IMで半角カタカナにキーボードショートカットを割り当てる方法

f:id:kjx130:20151013171824j:plain

OS X El Capitanの日本語IM(旧ことえり)で下図ように半角カタカナに変換するコマンドに対してキーボードショートカットは割り当てられていない場合、ちょっと設定を変更するだけでキーボードショートカットが自動的に割り当てられます。

f:id:kjx130:20151013172102j:plain

半角カタカナの入力を有効にするだけ

システム環境設定>キーボード>入力ソース、と進むと以下の画面が表示されます。

f:id:kjx130:20151013172708j:plain

 この画面の"入力モード"に「半角カタカナ」という項目があるのでここにチェックを入れます。

f:id:kjx130:20151013172928j:plain

これだけです。

f:id:kjx130:20151013173118j:plain

これで入力中(変換未確定時)に[control]と[;(セミコロン)]を叩くことで半角カタカナへの変換ができるようになります。

意外と知られていない便利な裏コマンドが便利

日本語IMの変換キーボードショートカットは上図のように設定されていますが、これだと左手と右手の両方を使う必要があるので不便に感じるかもしれません。

そのような場合は左手だけで済むショートカットを覚えると便利です。

  • ひらがなに変換:option+Z
  • カタカナに変換:option+X
  • 全角英字に変換:option+C
  • 半角カタカナに変換:option+A(前述の設定がOFFの場合は半角英字に変換)
  • 英字に変換:option+S(半角英字に変換する、という意味ね)

記憶が定かではないんだけど、確かMac OSに日本語入力が備わった頃から既に採用されていたんじゃないかな、と。

で、その日本語入力プログラムのベースとなったプログラム(失念)の文化がそのまま持ち込まれたのがこのショートカットだったような……気がするけど記憶が曖昧すぎて全然自信なし (^◇^;)