りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けする初心者&中級者向けブログ

CoreServices内で保存先が少しだけ移動したアプリケーション

普通は直接接触するアプリではないけど備忘録も兼ねて

f:id:kjx130:20141209154218j:plain

OS X のシステムフォルダ内、CoreServices フォルダの中に入れられていた "アーカイブユーティリティ.app" など幾つかのアプリケーションが OS X Yosemite で移動していたので以下に記しておきます。

なお、普段使用されるメール.app や Safari.app などの普通のアプリケーションではなく、ファイルの圧縮解凍やネットワークの診断といったシステム側に寄ったアプリケーション類の話なので、普通のユーザは全く意識する必要はありません。

所在が変わったコアアプリは全部で7つ

OS X Mavericks までは……

Macintosh HD/システム/ライブラリ/CoreServices/

……に入れられていた幾つかのアプリケーションが OS X Yosemite では……

Macintosh HD/システム/ライブラリ/CoreServices/Applications/

……に移動して以下のようになっています。

f:id:kjx130:20141209163626j:plain

Macintosh HD/システム/ライブラリ/CoreServices/Applications/

なお、このうちフィードバックアシスタント.app は OS X Yosemite Beta のバグ報告に使われていたアプリケーションです。一応、Yosemite 製品版上でも動きますがバグレーポータとしていまでも活用できるかは不明です。

各アプリケーションともディレクトリは変更になっていますが、機能自体は OS X Mavericks までとは変わっていないようです(駆け足でしか確認してませんので間違えていたらスミマセン)