りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

芸が細かいJIS/USキーボード

JIS (US) キーボードはケースバイケースで細かく変化する

Keyboard escape

JIS/US 配列のキーボードを使っていると時々キーボードの配列が微妙に違っていると感じたことはないですか? たとえば下図はメール.app のメール作成画面。

cap_20140812_163632.jpg

同じメール作成画面なのに、上半分では「@(あっとまーく)」や「.(どっと)」が表示されているのに、下半分では表示されていない……というもの。

メールアドレス欄では「@」と「.」を必ず使うので、メールアドレス欄がフォーカスされている時はキーボードの切り替えの手間を軽減するためにスペースバーの横にこれらが配置される、というソフトウェアキーボードならではの工夫。

工夫といえば意外と忘れがちなこんなものもありますね。ご存知、ドット(ピリオド)キーの長押しで現れる「.com」や「.co.jp」などの項目。

cap_20140812_171010.jpg

ちなみに US キーだと[L]右隣の[ー(長音)]は無い

メールアドレス欄や SafariURI 欄などがフォーカスされている時には現れるけど、それ以外の入力エリアでは現れません(例外あるのかな……?)

同じような隠し(?)項目は他の幾つかのキーにも仕込まれていて、例えば「ó」とか「ö」などは「o(おー)」キーを長押しすることで入力可能です。知らなかった人は色々なキーを長押ししてみて下さい。

実は公式 Twitter アプリも

意外と気付いていないかもしれませんが、iOS 用の Twitter 公式アプリでも同じようにひと工夫されたキー配列が採用されています。

cap_20140812_171906.jpg

確かにメンション飛ばす時には「@」を、ハッシュタグを使う時には「#」を使いますよね。

iOS 8 からはもっと個性的なキーボードを採用するアプリが出てくるかもしれないですね。目から鱗のキーボードとか出てこないかなぁ(  ̄^ ̄)