りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

続・WWDC 2013、会場の飾り付けも大詰めを迎える

「X」バナーの背景が意味するところは?

昨日書いたエントリーで白い幕で覆われたバナーが掲出された写真を載せましたが……

f:id:kjx130:20161216154402p:plain

7日午後3時頃 (EDT) には幕が外されてその中身が見えるようになったようです。

まずは「7」とだけ書かれた白いバナー。

f:id:kjx130:20161216154413p:plain

恐らく iOS 7 を象徴する文字としての「7」でしょう。この写真では判り難いのですが「7」は単色で塗られているのではなくレインボーカラーのグラデーションで塗られているようです。また背景は真っ白に見えますが、実は Mac Pro の前後面に見られるようなパンチングパネル的なテクスチャが描かれています。

そしてもうひとつ。

f:id:kjx130:20161216154417p:plain

こちらは OS X を象徴する文字の「X」が描かれています。ただ、iOS 7 のバナーは白(一色に見える)背景であるのに対して、こちらは大きな波が描かれています。

この波には一体どういう意味がこめられているのか(新時代の幕開けを暗示する Big Wave ‥‥だと単純すぎる気もするし)気になりますし、敢えてブルーではなく初代 iMac を彷彿とさせるグリーンを採用したことにデザイン上以外の何かの理由があるのかも気になります。

でも一番気になるのは『波』とこれまでの『ネコ科』との関係かも……OS X 10.9 ではついにネコ科と決別??

photos from macstories

高解像度の画像は 9 to 5 Mac でご覧頂けます。