りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

RSS VisualizerをMountain Lionで使う方法

Lion 以前の環境が残っていればチョチョイのチョイ

OS X Mountain Lionで Safari から RSS リーダが省かれた影響か、スクリーンセーバの RSS Visualizer も廃止されていますが、以下のようにすれば Mountain Lion でも RSS Visualizer を使用可能になります。

f:id:kjx130:20161216150435p:plain

  1. OS X 10.7 Lion 以前の環境から以下のディレクトリにあるファイルを見つける
    Macitnosh HD/システム/ライブラリ/Screen Savers/RSS Visualizer.qtz
  2. この RSS Visualizer.qtz を Mountain Lion の下記ディレクトリに複製する
    Macitnosh HD/ユーザ/(username)/ライブラリ/Screen Savers/

これで上図のように RSS Visualizer がリストされます(もし表示されていないようなら再ログインか Mac の再起動をしてみてください)。あとは[スクリーンセーバのオプション...]で任意の RSS 配信先を登録すれば OK です。

なお、冒頭に書いた通り SafariRSS を参照することは出来ません。

hints.macworld.com

[追記]Twitter で情報を頂きましたが、Time Machine にデータが残っていればそちらからも復元可能とのことです(Time Machine の存在を忘れてました/苦笑)。