りんごが好きなのでぃす

Macを中心に、たま〜にiPhoneやiPadなどの話題も届けていたら今年で26年目を迎えてました

OS X Mountain Lionの境界線?

やはり Mountain Lion の要求スペックは比較的高め?

Cult of Mac より

Puma, Cougar, or Mountain Lion; take your pick / FotoCavallo

OS X がメジャーアップデートをするたびに必要環境を満たさないマシンが出てくるのは常ですが、OS X Mountain Lion ではこれまでよりも若干シビアなのかもしれません。

引用元の記事を元にして表にしてみたのがこちら。

 

  2006 2007 2008 2009 2010 2011
E M L E M L E M L E M L E M L E M L
MacBook White                      
MacBook Alumi      
MacBook Air            
MacBook Pro X X X                
Mac mini              
iMac                      
Mac Pro   X X      
Xserve X X X O  

幾つかのテスト機で Mountain Lion を起動できないものがあり、それを含めた以前のモデルに該当するところを赤色で示しました。記事では Intel GMA950 と x3100 のチップセットを使用しているモデルは切り捨てられた……とされています。
(*) 記事では MacBook Pro と Mac Pro には触れられていませんでしたが、見捨てられる条件に当てはまらないので一応「青」にしておきました (動作を保証するものではありません)
[2012/02/28]Macworld の記事より OS X Mountain Lion 非対応モデル(上表中、MacBook Pro と Mac Pro の赤い部分、ならびに Xserve)を追記しました。

まだ半年先なので状況が変わる可能性もありますが、とりあえず現時点では上表の様に割と、特にグラフィック周りに関して高いスペックが求められそうな気配です。

AirPlay Mirroring の件もありますし、今回は買い替えを迫られるユーザがいつもよりも多いかもしれないですね (((( ;゚д゚))))