りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Firefox 10.0

Java に起因するクラッシュ問題 (Mac) など多数を修正したアップデート

アイコン

1月31日、Mozilla Foundation はメジャーアップデート版となる "Firefox 10.0" をリリースしました。

このバージョンでは以下のような変更が施されています(リリースノート)。

  • 履歴を戻るまで [進む] ボタンを表示しないようにしました。
  • アドオンの互換性確認をより柔軟にしたことで、ほとんどのアドオンが新バージョンでも引き続き利用可能となりました。
  • MacATOK の確定アンドゥが使用できるようになりました。ただし、キーボードショートカットが変更されていると動作しない場合があります。
  • WebGLアンチエイリアスを実装しました。
  • CSS3 の 3D トランスフォームを実装しました。
  • 双方向テキストの分離を実現する HTML5 新要素 bdi を、CSS プロパティとともに実装しました。
  • 全画面での実行に対応した Web アプリケーションを開発できる フルスクリーン API を実装しました。
  • 仕様との整合性を高めた IndexedDB API を実装しました。
  • Web 開発者向け新機能として、該当要素の強調表示や CSS スタイルの確認を行える 調査ツール を追加しました。
  • Mac で、ブックマークを移動中にクラッシュする場合がある問題を修正しました。
  • Mac で、Apple から公開された最新の Java をインストールした後、Java アプレットが使われているページのタブを閉じたときにクラッシュする場合がある問題を修正しました。
  • いくつかの安定性に関わる問題を修正しました。
  • いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。

アップデートは自動アップデートを待つか、Firefox メニューから "Firefox について" を開いて手動確認により行えます。或は Mozilla Japan などから最新版をダウンロードして差し替えても OK です。

なお、メールクライアントの Thunderbird も v10.0 として同日リリースされています。