りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Safari(iOS)とGoogleコンビ限定のギミック

キーワードーは「tilt(傾ける)」、結果は文字通り

林檎塾 さんより

iPhone/iPod touch/iPad の Safari の検索欄に「tilt」と入力すると……

f:id:kjx130:20161219002840p:plain

ご覧の通り、ウィンドウの中身がやや右に傾いちゃうそうです(笑)。

文字通り tilt (チルト - 傾ける) ですね。ただし環境設定で Yahoo! や Bing を設定してある場合は普通に検索結果が表示されるだけ。この現象(遊び?)を確認出来るのは Google 検索のみ。

……ということは?

勘の良い方ならもうお気づきですね。こちらは Mac OS X の Safari で同じ事をした場合。

f:id:kjx130:20161219002837p:plain

ただし、これは Safari の環境設定で開発メニューを表示させてユーザエージェントを iPhone、iPod touch、iPad いずれかの Safari に偽装させた場合のみ。通常のパソコン向け検索画面では「tilt」と入力しても何も起きません(普通に検索されるだけ)。

Safari 以外でも UA を iPad などに偽装出来るブラウザがあれば同じことが起こるかもしれませんが、恐らく CSS3 の transform がサポートされていなければ UA 偽装が出来ても変化は現れないと思います。

[訂正・補足]
iPad では表示に変化が起きないようです。iPad の Safari 検索欄に tilt を入れても何の変化も見られない場合はモバイル用の Google ( http://www.google.co.jp/m/ ) にアクセスしてから Web ページ上の検索欄に tilt を入れてみて下さい (Thanx @mkamimura さん、猫魚さん) 。