りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

Camino 2.0.4

レンダリングエンジンのアップデートなどを行ったマイナーアップデータ

camino_165.jpg

8月27日、Camino ProjectはCamino 2.0.4をリリースしました。Camino 2.0.4ではレンダリングエンジンのアップデートなど、以下の項目の変更を行っています。

Camino 2.0.4 contains the following improvements over version 2.0.3:

  • Upgraded to the latest 1.9.0 version of the Mozilla Gecko rendering engine, which includes several critical security and stability fixes.
  • Worked around a Flash bug to prevent Flash 10.1 from crashing Camino when invoking Exposé while a Flash video is playing in full-screen mode.
  • Camino should now properly remember print settings on Mac OS X 10.6.
  • The location bar no longer unescapes the percent sign and whitespace characters.
  • Upgraded the “Block flash animations” code to use Flashblock 1.5.13.
  • Upgraded the bundled Java Embedding Plugin to version 0.9.7.3.
  • Improved ad-blocking.

セキュリティアップデートも行われているのでCaminoを利用されている方は出来るだけ速やかにアップデートされる事をお勧めします。

アップデートはCaminoメニューから「アップデートの確認...」を選択するか、Caminobrowser.orgより最新版をダウンロードして差し替えて下さい。英語版が良い(日本語版は要らない)という方はダウンロードページからEnglishバージョンを直接ダウンロードして下さい。