りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

iMac touchをマジで開発中?

iMac touchとしか思えない特許資料はまさに「目からウロコ」の仕様

9 to 5 Macなどより

Appleが申請している特許関連資料が取りざたされる事はこれまでにも何度となくありますが、今回のはその中でもインパクトでいうと一二を争うと言っても良いくらいのものかもしれませんよ。ハードウェアとソフトウェアの両方を手がけるAppleじゃないと出来ない芸当(Win環境だとハードウェアベンダーとの交渉などなど、実現への障害はAppleにように単純ではないから手間と時間が膨大に掛かる)、とも言えるでしょうか。

まずはその資料画像。

6a0120a5580826970c0133f34442aa970b-800wi.jpg

大雑把に説明するとこのMaciMac?)は以下のような状態にある。

  • モニタはマルチタッチ対応
  • OSはMac OS XiOSのデュアル環境
  • iMac本体にはiPhoneなどで使われているような加速度センサーを内蔵
  • 本体の傾斜を検知してMac OS XiOSをシームレスに切り替える(自動)

つまりモニタが立っている状態では通常のデスクトップiMacとして動作し、モニタが一定角度以上に倒された事を検知するとiMacのOSは自動的にiOSに切り替えられ、いわばデッカイiPad的な使い方が出来るようになる、というもの。

これまでもマルチタッチに対応したiMacが出る(開発中)という噂はたびたび流れていましたが、ほぼ直立している大きな画面に触れて操作することを想像するといかにも使いにくそうで「それはないのでは…」という見方(私もそう思った)をされる事が多かったのですが、そもそもそういう凝り固まった考え方自体が既に間違えていたのでしょうね。

ここで面白いのはやはりMac OS XiOSをシームレスに切り替える、という点でしょうね。シームレス、つまり滞りなく切り替わるという事ですから、例えばBoot Campを用いてMac OS XWindowsを切り替えるというような『再起動』というプロセスがないわけです。アプリを切り替えるがごとく、OSが切り替わって操作環境が一変するというのは非常にユニーク。

フォトグラファーならMac OS X環境で写真の加工や編集、iOS環境で並べられた写真から選別作業を行うなんてパソコン作業とリアル作業が渾然一体となって面白そうですし、曲作りとかだとMac OS Xで編集や加工を行いつつ、暫定的にメロディを打ち込みたいような時にはモニタを寝かせてソフトウェアキーボードを使う…なんて芸当も出来るかもしれません。

Mac OS XiOSの環境を独立したものとしてみた場合はその応用範囲の想像は限られますが、このように一つのプロジェクトを進める上で利用するアプリケーションなどを含めて考えた場合、個々の場面において従来の環境が向いているものや、マルチタッチ環境の方が望ましいということは往々にしてあることを考慮すればMac OS X + iOSの連携というのはこれまでとは違う道の作業環境を提供してくれるようになるかもしれませんね。

もし実現する時が来たら、これは久しぶりに真の意味での"Inovation"だったり"Think Different"の再来という事になりそうです♪