りんごが好きなのでぃす

Apple製品の情報や豆知識などをお届けする初心者&中級者向けブログ

iPhone 4の黒を買ったのに、開けたら白が入っていた?

そんな馬鹿な…というわけで、どうやらフェイクだったようです

M.I.C Gadgetが最初に報じたのがこれ(抜粋)。

4875853940_6eb3f1a292.jpg

なんでも、「iPhone 4を購入したら白が入っていたんだぜ!」とのこと。ということは、ブラックモデルの箱にホワイトモデルが混入していたということになるわけですが、そんな事が果たして起こりうるのか。というか、なんで未発売のホワイトモデルが…ということになりますよね。

90d4c9f8783fdce4ac9b-LL.jpg

このようにヘッドフォンジャック内部やドックコネクタ(端子)もカラーコーディネイトされているので、一見すると紛うこと無き本物…と思いたくなるのですが、どうやらフェイクだったことが判明したようです。

その理由がこちら。

4875814006_9e565acaa5.jpg

『カメラレンズの横にあるLEDフラッシュ部分が金属パーツで縁取られていない』というのがその理由。念のためAppleのサイトに載っているiPhone 4のホワイトモデルの写真を見ると確かに縁取られていますが、件の写真ではその縁取りを確認できません。

そのくらいの事で…と思われるかもしれませんが以下のようなパーツが既に存在しており、これを使用すると確かに件の写真と同様、LEDフラッシュの縁取りは無くなるとのこと。

555d2f3342f69df5c170-LL.jpg

このパーツは結構良く出来ていて、これを使うと2枚目の写真のようにコネクタ類のカラーコーディネイトも出来ちゃうみたいなので、仕上がり具合はかなり"モノホン"チック。

本物と勘違いするのも無理は無いかもしれないですね。

引用元には多くの写真が掲載されているので、ホワイトモデルの雰囲気を楽しみたい方はぜひご覧下さい。フェイクだと分かっていても惹き付けるものがあります(笑)

All images from M.I.C Gadget