りんごが好きなのでぃす

Macを中心に、たま〜にiPhoneやiPadなどの話題も届けていたら今年で26年目を迎えてました

Mac OS X Snow Leopard、インストールプロセスを少々改良

[PR]1Password Win/Mac/iOS/Android 3年版が最大30%オフ(2023年1月29日まで)

Mac OS X Snow Leopardはこれまで以上にインストールが簡単になる、などの改良

macosx106_snowleopard.jpg

MacRumorsによると、ゴールデンマスターに達したとされるMac OS X Snow Leopardの最新ビルド (10A432) からOSをインストールあるいは再インストールする場合の手順がこれまでよりもさらにシンプルになり、不慣れなユーザを惑わすような要素が極力排されているとのこと。目立った改良点は以下の通り。

  • OSをインストール方法は基本的に「アーカイブしてインストール」のみに変更
  • Snow Leopardを再インストールする時、最新版のファイルは保持して上書きしない
  • "Rosetta"ならびに"QuickTime 7"はオプションインストールに変更
    →QuickTimeは"QuickTime X"が標準インストールされる
  • インストール時間短縮のため、インストール関連ファイルを一時的にHDDへ配置して使用し、インストールが完了したらこれを自動削除

"Rosettaが廃止になる"という噂が一部であがっていたようですが、オプションインストール可能となっているようなので「廃止」ではなさそうです。RosettaとはIntel CPUを搭載しているMacでPowerPC向けのプログラムを利用する為に背面で動作するある種の翻訳ソフトです。

こうやってみるとSnow LeopardはMac OS X史上で割と大きな転換点に位置するのかもしれないですね。斬新な目玉機能搭載といったメジャーアップデートにつきもののポイントは殆どありませんが、至る所でユーザ目線に立ったブラシュアップが施されているように思えます。

【ネタもと】
MacRumors|OS X Snow Leopard Installation Process Changes Described?