りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

WWDC開幕を控えて忘れがちなことを一応チェック

WWDCでの発表ないように浮かれて時々犯しがちな軽微なミスは防ぎましょう

あと一時間ほどでWWDC '09基調講演が始まります。登壇するのはフィル・シラー上級副社長率いる幹部チーム。現時点でスティーブ・ジョブズCEOの復帰登壇はないものと思われます。

さて、今回のWWDCではiPhone OS 3.0とSnow Leopardに関する発表がメインとなることはほぼ確実。特にiPhone OS 3.0のリリースを心待ちにしている方は多いと思いますが、皆さん準備はできていますか?

アップデート適用による不具合が起こり得ることを認識すること
当然アップデータは公開前に幾多のテストを経て不具合のチェックはされています。しかし環境はユーザ個々で違うため予期せぬことが原因で不具合が起こる可能性は無いとは言えません。バックアップを事前に取っておき、まさかの事態に備えておくのは大事なことです。ベテランでもお祭り気分に浮かれて忘れてしまうことがあり、そういう時に限って運悪く不具合に見舞われてしまうもんなんです、気をつけましょう^^;

あと『即ポチ』も気をつけましょう。これもお祭り気分に浮かれて冷静な判断を欠いてしまうことがあるからです。例えば新OSを『即ポチ』したものの、考えてみたら数ヶ月以内にMacを買い替えるつもりでいたことを思い出した…とか。考え方によっては数ヶ月我慢すれば新OSインストール済みのMacが買えるのだから、即ポチした分の費用が無駄になったとも言えるわけです。ここの懐事情によって無駄かそうでないかの判断は分かれると思いますが、とりあえず自分の懐具合と今後の購入予定(漠然としたものでも)を今の時点で冷静に分析して、流行る気持ちを押さえつけることが出来るように心の準備をしておくのも肝要かと^^;

最後に、毎度のことながらアップデートの適用後に問題が生じると闇雲に他者を責める連中が出てきます。不具合に見舞われて困るのは解りますが、初物にはそれなりのリスクが伴うのは半ば常識 (Appleに限らず) ですから、万が一不具合に遭遇したとしてもまずは初物に飛びついた自分の行動が原因の一端を担っているということを認識し、その上で適切な対処法を求めるようにしましょう。頭ごなしに他者を責めるのは非常に見苦しいものです。

さ!あと約70分!何が起きるか楽しみですね!

睡魔に負けなければ、逐一レポートを掲載していきます!

あ、アップルストア、スタンバイモードに移行していますね。