りんごが好きなのでぃす

Mac/iPhone/iPadなどに関する話題を届け続けて今年で地味に24年目

23インチApple Cinema Display販売終了?

Cinema Display 23-inchの販売、終了しちゃって良いのかな…

Appleの情報を紹介しているいくつかのサイトを見ると、オンラインのApple Store JapanではApple Cinema HD Displayの23インチモデルが[販売終了]となっていることから、Apple Cinema HD Displayの23"モデルの販売は終了し、11月発売予定の新製品、Apple Cinema LCD Display 24"に置き換わるといった内容を報じているが、果たして本当にそうなのだろうか…。いや、多分そうなんだろうけど、なんだか釈然としないのだ。

23flatpanel.jpg

第一に、販売終了のステータスになっているのはApple Store Japanだけで、無作為に選んだ他国のApple Store(5件ほど確認)ではどこも販売継続中であること。

第二に、Amazon.com(日本)ではまだ取り扱っている こと(在庫なんだろうけど)。

第三に、来月出荷予定のApple Cinema LCD Displayの仕様。実はこれが一番引っかかる。

というのも、Apple Cinema LCD DisplayにはMacに接続するためのコードが直付けされているのだが、これは一本のケーブルからMacに電源を供給するためのMagSafe、映像と音声を伝搬するMini Displayポート、そしてUSB2.0の3本に分岐していて、これに接続できるのは新型のMacBookと同MacBook Pro 15"、そして新型のMacBook Airだけなのだ。実際、宣伝文句も『MacBookのために作られた』と書かれている。

つまり上記モデル(MacBook Pro 17"を除く新型MacBookシリーズ)以外はApple Cinema LCD Displayを使うことが出来ないということなので、Apple Cinema HD Display 23"モデルが無くなるとなると、少なくとも当面の間は上記モデル以外を使っているユーザは23インチクラスのApple純正モニタの選択肢が奪われる、という事になる。

思い切った販売戦略と言えないことも無いが、20インチと30インチという極端な選択肢しか残らないというのはちょっと乱暴のような気もする。廃止するならMac ProにもMini Displayポートが備わってから、というのが適時だと思うが、でも、そうなるとMagSafeは何処に繋がるのか…という素朴な疑問もわいてくる。Mac ProをMagSafe経由で稼働させるってか??まさかねぇ^^;