りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

新旧iMacの電気代を超大雑把に比較

f:id:kjx130:20170705173556j:plain

iMac 27-inch(Mid 2010:MC510J/A)とiMac 27-inch(2017:MNE92J/A)でどの程度電気代に変化が見られたかを調べて見ました。

環境は下図のような感じで、測定は個別ではなくタップ最上流での合計電力。

f:id:kjx130:20170722113741j:plain

概要

上図のようにタップの上流でまとめて計測してるので厳密な計測結果じゃないけど、周辺環境はほとんど変わっていないので参考程度にはなる……かな?

接続されている各機器の概要は以下の通りで、iMac買い換え前後で異なるのはバスパワーの外付けUDB HDD 2台を繋いでいるか否かのみ。

  before after
  MC510J/A MNE92J/A
HDD-1 IO DATA HDCP-U500
USB 2.5" bus-power
×
HDD-2 IO DATA HDCP-U500
USB 2.5" bus-power
×
HDD-3 G Technology GDrive
USB 3.5" self-power
Printer Brother DCP-J975N
connect-1 iPhone付属 USB充電器
connect-2 LED電気スタンド

 

HDD-1&2はUSBケーブル経由でiMacから給電、それ以外の機器にはデストリビューター(TASCAM AV-P25RMKll)から分配されています。

tascam.jp

計測にはサンワサプライの計測機を使用しました。

結果

2週間ほど使った平均値は以下の通り。

  before after
  MC510J/A MNE92J/A
1日あたり(円/日) 32.14 16.91

 

ほとんど同じ使い方をしていたのに半分近くまで減っていたのは驚き。

前述したようにHDDが2台減っているのでその分もある程度影響しているだろうけど、そのHDDに保存していたものの多く(iTunesやPhotosのライブラリなど)はiMac内蔵のHDDに移動させているので、内蔵HDDへのアクセス頻度は場合によっては相殺されているかむしろ増えた可能性もあるので……よくわかりません(笑)

ちなみにiMac(2017)の内蔵ドライブはFusion Driveで、低消費電力の2.5インチタイプではなく今までと同様に3.5インチタイプのものが使用されている模様。

youtu.be

というわけで今回のテストでわかったことは、約7年前のiMacよりは今のiMacの方が同じような使い方をしても消費電力が……

( 」・Д・)」 少なそう!

というウルトラ漠然とした結果のみ (^◇^;)

HDD自身の省エネ化が影響しているのかもしれませんが、接続されている他の機器の影響がなかったとは言い切れません(ちなみに待機状態もほぼ共通)

というわけで、あまりにもこれでは参考にならなすぎだと思うので、折をみてiMac単体での電力消費を測り直してみます。

広告を非表示にする