りんごが好きなのでぃす

MacやiPhone、iPadなどの情報を紹介してますが玄人向けじゃないらしい

iPhone 6sなどで突然電源が切れる問題はiOS 10.2.1適用後に大幅減少

f:id:kjx130:20161118103231j:plain

iPhone 6s, 6s Plus, 6, 6 Plusの一部で発生していた電源が突然切れてしまう不具合は、現在リリースされているiOS 10.2.1を適用することで最大で80%近く減少したとの公式な報告がTechCrunchに寄せられたようです。

techcrunch.com

原因の完全特定と根絶ということではないようですが、大幅に不具合の発生件数が減少しているなら特別な事情がない限りiOS 10.2.1にアップデートすべきでしょう。

原因の除去ではなく回避策が施されている模様

この問題は新品あるいはそれに準ずる品質のバッテリーではほぼ発生せず、ある程度バッテリーの劣化が進むと発生頻度が高まったみたい。

これは、バッテリー残量に急激な変化が起こる場合があることに起因しているようで、状態の良いバッテリーだとやり過ごせるが、ある程度劣化したバッテリーだとこの影響を受けやすい、ということみたいです。

人に喩えて言えば、健康状態なら影響は受けない(本人は気づかない)けど、風邪など何らかの体調不良を抱えている人は敏感に感じる……というイメージかな。

で、恐らくAppleはこのiOS 10.2.1においてこの辺りの判定処理に何らかの工夫(細工)を凝らして同様の現象が内部で発生しても回避できるようにしたんじゃないだろうか……というのがTechCrunchの分析みたいです。

この対策の結果、同機種で不具合を訴えている件数(ユーザが提供している診断データに基づいた数)のうち、iPhone 6sで80%以上、iPhone 6で70%以上の不具合発生件数の減少がわかったのだそうです。

それでも解決されない場合はApple

先のデータによると、件の不具合が発生していてiOS10.2.1が入っているにも関わらずiPhone 6sでは20%弱、iPhone 6では30%弱の端末では未解決ということになります。

これらはそもそも今回の件とは別の不具合(バッテリリコール対象機種など)に起因していることが十分に考えられるので、iOS 10.2.1適用後でも改善が見られない場合はApple StoreあるいはAppleCareなどに問い合わせてください。

(´-`).。oO(一般の修理業者さんに行く前にAppleに、或いは世紀サービスプロバイダへ確認を)

 

 

広告を非表示にする