読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごが好きなのでぃす

MacやiPhone、iPadなどの情報を紹介してますが玄人向けじゃないらしい

MacBook Proの稼働時間問題は不適切な設定とバグが原因

Apple 全般 MacBook Pro

f:id:kjx130:20161025000910j:plain

MacBook Pro(Late 2016)ではバッテリー駆動時間が公表値を大きく下回ることがあるというテスト結果が発表されたことに関して新しい記事がありました。

その前に、以下が今回の件の発端。

jp.techcrunch.com

要するに、実際にMacBook Pro(Late 2016)でテストをしたところAppleが公表しているバッテリー駆動時間に遠く及ばない結果が得られた、というもの。

これに対してAppleは当然ながら「ちょ!」と声をあげ、テストを行ったConsumer Reports誌と協力して原因究明に当たっていました。

その結果……

テスト方法に問題あり

Consumer Reports誌が行ったテストではSafariの開発者モードにある『キャッシュを無効にする』という設定が有効にされていて、これが原因のひとつの模様。

f:id:kjx130:20170111102136j:plain

キャッシュが無効にされたことで、Safariはウェブページを表示させるのに必要なデータなどを逐一読み込み&処理をせざるを得なくなり、結果としてバッテリーを浪費することにつながった、というもの。

d.hatena.ne.jp

ただ、もしこれ以前のテストでも同様にキャッシュを無効にしていたのだとしたらこれが直接的な原因とは言えませんが、その辺の詳細は不明です。

Safariの開発モードにも問題あり

Appleによればこの開発者モード自体にもバグがあったため、必要以上に悪いテスト結果を生み出すことになったようです。

バグの詳細は不明 データの読み込みを繰り返すなどのバグがあったそうですが、Appleによればこの問題は現在開発者などに向けてリリースされているmacOS Sierra 10.12.3 Beta 3に含まれているSafariで修正済みとのこと。

ringosuki.hateblo.jp

個人的にはこちらが主原因で、Consumer Reports誌のテスト方法に不備があったという指摘はいささか責任転嫁のような気がしないでもないですが……まあ、ね。

話題に事欠かないMacBook Pro(Late 2016)

絶賛の嵐で話題に事欠かないのならこれほど喜ばしいことはないのですが、今のところはネガティブな話題ばかりのMacBook Pro(Late 2016)

  • Touch Barが使えね〜 (´-`).。oO(対応アプリが少ないから……)
  • バッテリーが持たね〜 (´-`).。oO(macOS 10.12.3で直るはず……)
  • グラフィックががが… (´-`).。oO(悪戦苦闘中、すまん……)
  • 高いし! ( ´ ³˙).。oO(何か問題でも?) ← 私なりに想像したAppleの声

まあ、大きめのアップデートが行われた直後にはよく見られる光景とも言えますが、早いところネガティブな話題が鎮まって、ポジティブな話題で盛り上がるようになってほしいですね。

appleinsider.com

広告を非表示にする