りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

知っておくと便利なweblocファイル

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

SafariでWebを徘徊している時に、あとでそのページを読み直したいとか、掲載されているリンク先をあとで参照したいと思ったことはないだろうか。このような場合、多くの人はそのページをブックマーク登録しておくと思おう。もちろんそれでも良いのだが、これだと読み終えたあとに削除しなければならず、場合によっては少々面倒に感じることもあるだろう。

そういう時はこんな操作方法が便利。Mac OS Xにはweblocファイルというものがある。Web Locationファイル、つまりURIそのものをファイルにしちゃおうってことで右図のようなアイコンで表示されているファイルがこれにあたる。これを然るべき操作でデスクトップなどにおいておけば分かりやすいし、不要になればほかのファイルと同様にゴミ箱へポイしてしまえば良い。

ファイルの作り方は至って簡単。下のビデオでにも書いておいたが、アドレスバーのアイコンをデスクトップなどにドラッグ&ドロップするか、ページ上のテキストリンクを同様にドラッグ&ドロップするだけ。あとはそのファイルをダブルクリックするか、ブラウザのウィンドウにドロップすればそのアドレスのページが開かれる。

Safari以外にも、FirefoxOperaなどほかのブラウザでも同じことができます(Windowsは知らない…^^;)。

広告を非表示にする