りんごが好きなのでぃす

噂話などには極力触れずにApple製品に関する情報を紹介してます、反リーク系の方々よろしくネ

Mac OS X Leopard、Spacesの裏技的切替法

旧ブログからインポートしたエントリーなのでリンクが切れている場合があります。画像はインポートしていません。

Mac OS X Leopardから備わった「Spaces」。いわゆる仮想デスクトップ環境と呼ばれるもので、複数のデスクトップ環境を用意して、必要によって切り替えて使うもの。使ってみると案外重宝する機能である。

さて、デスクトップを切り替える方法。[F8](或は専用キー)を押したりSpacesのアイコンをクリックして専用画面を呼び出して切り替える、[control]キーと数字キーまたは矢印キーとのコンビネーションで切り替えるといったやりかたが普通だが、これだと起動中のアプリケーションをどのSpaceに配置したか覚えておかなければならず(大した事ではないけど)面倒といえば面倒。

そういう時はDockに表示されているアイコンをクリックしてみよう。もちろん起動中のアプリケーションでなければ意味が無いが、この操作をすればクリックしたアプリケーションが起動しているSpaceに瞬時に切り替わる

広告を非表示にする